PCB廃棄物処理

東京PCB処理事業所 > 環境・安全対策について

環境方針 処理施設の安全対策 環境安全に関する報告書 環境安全委員会 環境保全協定

東京PCB処理事業所 環境安全方針

 中間貯蔵・環境安全事業株式会社(JESCO)東京PCB処理事業所は、埼玉県、千葉県、東京都及び神奈川県に保管されているポリ塩化ビフェニル (PCB) 廃棄物の処理を事業の主体として設立された国の環境政策を実行する事業者です。
 事業の実施にあたっては、JESCOの基本理念と行動指針及び環境安全方針をもとに、安全で確実な処理事業を着実に遂行し積極的な情報公開により社会からの信頼に応え、また地球環境の保全に貢献します。

1. 環境保全と安全確保を優先し、埼玉県、千葉県、東京都及び神奈川県に保管されているPCB廃棄物を主体として適正な処理を実施します。
2. 「ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法」をはじめとして、当事業所の環境側面に関係する法的要求事項及び自治体との協定等その他の要求事項を順守します。
3. 環境マネジメントシステムを構築し継続的に改善するとともに、事業活動により排出さる排気、排水、廃棄物等が環境に悪影響を与えないよう適正な管理を行ない、環境汚染の未然防止をはかります。
4. 環境に負荷を与える化学物質の排出削減や省エネルギー、省資源・リサイクル等の環境活動について、環境安全目的及び目標を設定し定期的に見直しを行なうことにより環境への負荷低減をはかります。
5. 東京PCB処理事業所に従事する作業員の安全確保のために、無事故・無災害の達成に努めるとともに、作業環境の改善をはかります。
6. 環境保全活動に関わる情報を積極的に公開し、関係者の理解と信頼の確保に努めます。

平成28年4月1日
中間貯蔵・環境安全事業株式会社
   東京PCB処理事業所
   所長 田 中 淳 二

東京PCB処理事業所のISO14001認証取得について

 中間貯蔵・環境安全事業(株)東京PCB処理事業所においては、ISO14001の認証取得に向けて環境マネジメントシステムを構築し運用してまいりましたが、平成22年5月14日付けでISO14001の認証を取得しました。
ISO14001は、組織(企業・自治体等)の事業活動により発生する環境への影響に対して改善を求め、環境に負荷をかけない事業活動を継続的に行うよう、国際標準化機構(ISO)が制定した環境マネジメントシステムの国際規格であります。 東京事業所では、PCBの無害化事業が環境に影響を与えないよう、これからも安全・確実なPCBの処理とともに、環境負荷の低減等に対して積極的に取り組んでまいります。

 なお、平成24年2月10日付けにて、当事業所を含め、PCB処理事業に係る全社統合認証を受け、平成27年4月1日付けでこの登録を更新しました。

登録証  附属書

クリックするとPDFファイルが開きます。

「英文登録証」
登録証  附属書

クリックするとPDFファイルが開きます。