PCB廃棄物処理

大阪PCB処理事業所

大阪PCB処理事業所について

大阪PCB処理事業所パンフレット
PDFファイル(3,813KB)

大阪PCB廃棄物処理施設は、大阪市の受入表明を受け、平成17年1月に建設工事に着手しました。その後建設工事を進め、平成18年3月から8月まで試運転を実施しました。 この結果、PCB廃棄物が確実に処理され、法令に基づく基準を満たしていること、操業に当たっての排気等が環境保全管理目標値に適合していることが確認されました。 そして平成18年8月31日に、大阪市より特別管理産業廃棄物処分業の許可をいただき、平成18年10月3日より操業を開始しました。
 
処理事業の実施にあたっては、平成18年8月31日に大阪市より頂戴した「大阪ポリ塩化ビフェニル廃棄物処理事業に係る環境保全の確保について」の通知に記載された 事項を遵守します。また、施設運営の状況を定期的に大阪市をはじめとする行政機関や事業監視委員会へご報告し、ご指導をいただき ながら、住民の皆様に処理の安全性についてご安心いただけるような運営を行います。