PCB廃棄物処理

北九州事業所


  平成15年4月18日
 
環境事業団 北九州事業所
所長 吉本 範男
(093-513-8064)
環境事業団 環境保全・廃棄物事業部
所長 吉本 範男
(093-752-1113)
部長 鏑木 儀郎
(03-5251-1030)
建設管理課長 倉持 徹也
(03-5251-1049)
  (北九州、東京同時発表)

北九州PCB廃棄物処理施設(第1期)建設工事の起工式のお知らせ


環境事業団が北九州市若松区響灘地区で行う、北九州PCB廃棄物処理施設(第1期)建設工事について、下記のとおり起工式を執り行うこととしましたのでお知らせします。
*建設工事の概要については別紙1のとおりです。

標記委員会大阪事業部会を下記により開催いたします。


1 日 時: 平成15年4月23日(水) 午前10時30分〜11時10分(予定)
2 場 所: 北九州市若松区響町一丁目62番24
北九州PCB廃棄物処理施設建設地
3 主 催: 環境事業団及び北九州PCB廃棄物処理施設(第1期)異工種建設工事共同企業体(共催)
4 式次第
(予定):
式辞
 環境事業団理事長  
  田中 健次(予定)
環境省挨拶
 環境副大臣       
 弘友 和夫(予定)
北九州市挨拶 
  北九州市長       
  末吉 興一(予定)
来賓祝辞
杭打ち式
 建設工事受注者代表挨拶 新日本製鐵(株)代表取締役副社長エンジニアリング事業本部長
  八木 重二郎
(敬称略)
5 その他: 本施設に関し、環境事業団と北九州市との間でPCB処理事業に係る環境保全に関する協定書を締結することとなっており、起工式に先立ち、同日9:30〜9:50に北九州市エコタウンセンター(北九州市若松区)にて調印式を予定しております。(別途、北九州市より発表予定。)

 

(別紙)

北九州PCB廃棄物処理施設(第1期)の建設工事の概要

1.立地場所 福岡県北九州市若松区響町1丁目62番24

2.敷地面積 約54,000u(緑地率 25%以上、第2期用地面積を含む。)

3.建築物
(1)第1期処理施設・事務管理棟
1)建築面積  約6,300u
2)建築構造  鉄骨造
3)階  数   4階
4)主な処理施設等
<第1期処理施設部門>
 脱塩素化分解方式によるPCB分解設備並びにその前処理としてトランス等からPCBを除去する溶剤洗浄設備及び真空加熱分離設備

<管理部門>
・ 中央監視室
・ 事務室・会議室
・ 情報公開施設(プレゼンテーションルーム、情報公開ルーム、見学者通路)
・ 分析室
(2)その他建築物
・ 受水・排水設備       
・ 非常用発電機設備・消火設備

4.PCB処理能力 0.5t/日(PCB分解量)

5.竣工予定 平成16年11月

6.設計・施工
   北九州PCB廃棄物処理施設(第1期)異工種建設工事共同企業体
     (代表者) 新日本製鐵株式会社
     (構成員) 日本曹達株式会社
     (構成員) 三井物産株式会社
     (構成員) 特定建設工事共同企業体
     (代表者) 大成建設株式会社
     (構成員) 株式会社竹中工務店


北九州PCB廃棄物処理施設(第1期)外観イメージ
北九第一期外観図