PCB廃棄物処理

北九州PCB処理事業所

北九州PCB処理事業所について

北九州PCB処理事業所パンフレット
PDFファイル(5,328KB)

北九州PCB廃棄物処理施設は、北九州市の受入表明を受け、北九州PCB廃棄物処理施設(第1期)が平成15年4月に全国初の事業として着工しました。その後、建設工事を進め、平成16年6月から11月までの6ヶ月間試運転を実施しました。廃棄物処理法に基づく北九州市の施設検査の結果、施設がすべて基準に適合していることが確認され、平成16年12月10日に北九州市長よりPCB廃棄物処分業の許可をいただき、12月18日よりPCB廃棄物の早期処理に向けて操業を開始しました。
北九州PCB廃棄物処理施設(第2期)についても、第1期処理施設と同様に建設工事、試運転、北九州市による検査を行い、平成21年6月に真空加熱分離設備及び液処理設備が、7月17日にプラズマ溶融分解設備がそれぞれ操業を開始しました。

処理事業を進めるにあたっては、北九州市と締結している環境保全協定を遵守するとともに、北九州市の受入条件で示されている安全の確保を確実なものにするため、引き続き北九州市や監視委員会へ報告をいたします。また、PCB処理事業検討委員会からも指導を得ながら、住民の皆さまに処理の安全性についてご安心いただけるような運営を行います。

北九州事業だより
北九州PCB処理事業所で年3回程度発行しています。