PCB廃棄物処理

豊田PCB処理事業所

豊田PCB廃棄物処理施設は、豊田市の設置許可を受け、平成16年4月に北九州事業に次いで二番目の事業として着工しました。平成17年8月15日に豊田市長よりPCB廃棄物処分業の許可をいただき、8月29日に開業式を行い、9月よりPCB廃棄物の早期処理に向けて操業を開始しました。

豊田PCB処理事業所について

豊田PCB処理事業所は、住民の皆さまに処理の安全性についてご安心いただけるような施設運営を行います。事業所パンフレットや事業だよりはこちらです。

トピックス

最新の情報をご覧いただけます。

事業の概要

豊田事業の施設としてPCB等の処理を行います。

受入と収集運搬について

受入の基準や計画を定めています。また、豊田施設に入門できる収集運搬事業者を認定しています。

環境・安全対策について

環境安全方針、環境・安全対策、委員会報告書、環境保全協定などの情報はこちらです。

運転状況・報告(維持管理情報)

施設の運転状況、維持管理の状況、処理実績などを掲載します。

事業のあゆみ

豊田PCB廃棄物処理施設は、豊田市より業の許可をいただき、全国ニ番目の事業所として開業しました。

施設見学・アクセス

施設の3階に「情報公開ルーム」、3・5・7階に見学者通路を設置しております。

リンク

豊田事業に関連する自治体などへのリンク