PCB廃棄物処理

事業の内容

国の指導のもと、全国数箇所において、PCB廃棄物の広域的な処理施設を設置し、地方公共団体、大企業及び中小企業等の保管事業者から委託を受けて処理事業を行ないます。施設整備にあたっては、補助金を導入することにより中小企業者の処理料金の低減を図り、併せて、特に中小企業者が保管する高圧トランス及び高圧コンデンサについては、処理費用の一部を「ポリ塩化ビフェニル廃棄物処理基金」から充当し、処理費用の負担軽減を図ります。

PCB廃棄物処理事業検討委員会

JESCOのPCB廃棄物処理事業は、処理の安全性や確実性を確保するために、事業内容について技術的検討・助言を学識経験者の方々から頂いています。こうした委員会の報告書、会議等についての情報を掲載します。

JESCOの事業の枠組みと特徴

PCB廃棄物の流れと、処理施設の基本コンセプトである安全性について説明します。

事業の進捗状況について

5事業の事業の進捗状況を掲載しています。

5事業関連リンク

5事業に関連する自治体や環境省のPCB関連のページをご覧いただけます。