PCB廃棄物処理

処理料金などのご案内

JESCOのPCB廃棄物の処理料金は全国一律で設定しています。
 今般、「社会保障の安定財源の確保等を図る税制の抜本的な改革を行うための消費税法の一部を改正する等の法律」(平成24年法律第68号)及び「社会保障の安定財源の確保等を図る税制の抜本的な改革を行うための地方税法及び地方交付税法の一部を改正する法律」(平成24年法律第69号)に基づき平成26年4月1日に消費税及び地方消費税の税率が8%に引き上げられました。
 このため、平成26年4月1日以降にJESCOで中間処理が完了するPCB廃棄物については、これまでの料金表にある処理料金から消費税率引き上げ分を上乗せした以下の料金表を適用します。

料金表 PDF (平成27年3月31日迄適用)

料金表 PDF (平成27年4月以降適用)

平成26年6月に改定したポリ塩化ビフェニル廃棄物処理事業基本計画改訂により、処理体制が変更されることとなりました。(詳細は、処理事業概要 をご覧ください。)これに伴い、料金表も改定します。
[主な改正点]
・「PCB汚染物等」という名称を「安定器等・汚染物」とする。
・これまでPCB汚染物と分類していた、3kg以上10kg未満の小型電気機器は、トランス類・コンデンサ類としてこれまでの事業地域で処理するため、料金は変わらないものの、トランス類・コンデンサ類の分類となる。

分割払い制度について
弊社では、処理委託料金を前払いしていただくことを原則としておりますが、北九州事業地域においては弊社指定の信販会社を利用した分割払いを導入いたしました。詳細は以下のファイルをご覧下さい。今後他地域にも広めていくことを検討しています。
PDFファイル