PCB廃棄物処理

事業の内容

PCB廃棄物処理事業検討委員会 JESCOの事業の枠組みと特徴 事業の進捗状況 5事業関連リンク


ポリ塩化ビフェニル廃棄物処理事業検討委員会
北海道事業部会議事要旨


1 開催日時 平成16年5月19日(金) 14:00〜16:00
   
2 開催場所 室蘭市 ホテルサンルート室蘭 4階「陽光」
   
3 出席者 1)委   員 森田主査、田中副主査、空閑委員
2)特別委員 松岡特別委員、山田特別委員

4 議 題
  〈公開〉
(1) 事業対象地域拡大受託の経緯及び受入条件
(2) 北海道の地域条件について
(3) 日本環境安全事業(株)の各地域におけるPCB廃棄物処理事業の進捗状況

5 概 要
  事務局より環境事業団のPCB廃棄物処理事業を承継した新会社日本環境安全事業(株)の概要紹介のあと、以下議事の審議。

(1) 事業対象地域拡大受託の経緯及び受入条件
事業対象地域拡大受託の経緯及び受入条件について  北海道及び室蘭市より、北海道・室蘭市共通説明資料に基づき、事業対象地域を1道15県に拡大することに至った経緯及びそのことに伴う新たな受入条件について説明。

(2) 北海道の地域条件について
事務局より、資料に基づき、これまでの北海道事業部会での検討状況及び北海道の地域条件について説明。

(3)  日本環境安全事業(株)の各地域におけるPCB廃棄物処理事業の進捗状況
事務局より、各地域におけるPCB廃棄物処理事の進捗状況について説明。
主な意見は次のとおり。

保管場所の確保については、天候等による小さな変動を調整するものであり、基本となる収集運搬計画は十分に検討すること

・環境産業集積基盤の強化に関して、地元大学、地元企業との共同研究、実証試験、環境モニタリング等に関して協調し進めていくこと。

・モニタリングの結果については、情報センターで整理し公開していくこと

(4) その他
環境省より、資料に基づき、廃棄物処理法政省令による収集運搬基準の強化等及び収集運搬ガイドライン(案)について説明。

(5) 今後の予定
次回は、処理技術保有企業に対して、事業拡大後の条件を踏まえた処理技術内容についてヒアリングを行う予定。ヒアリングは企業秘密を取り扱うので非公開の開催とする

問い合わせ先
  日本環境安全事業(株) 北海道事業所
ポリ塩化ビフェニル廃棄物処理事業検討委員会 北海道事務局
担当:江口 Tel:0143-42-4400 Fax:0143-43-6300