PCB廃棄物処理

事業の内容

PCB廃棄物処理事業検討委員会 JESCOの事業の枠組みと特徴 事業の進捗状況 5事業関連リンク


日本環境安全事業株式会社
ポリ塩化ビフェニル廃棄物処理事業検討委員会
北九州事業部会議事要旨


1 開催日時 平成17年11月15日(火)11:30〜13:00
   
2 開催場所 ステーションホテル小倉 「飛翔」の間
   
3 出席者 (北九州事業部会)伊規須主査、酒井委員、篠原委員、森田委員、
(検討委員会)細見委員

4 議 事〈公開〉

  (1) 北九州第2期事業について
 北九州第2期事業の報告書案について説明を行った。本日の審議内容を踏まえ、また、事業部会をご欠席された委員の意見も後日伺った上で、最終的な報告書としてとりまとめることとした。委員からの主な意見は以下のとおり。
 
・第2期事業の処理対象物としては、PCB汚染物等、運転廃棄物、撤去廃棄物を含めて考えることになるが、処理量及び処理PCB量の見通しをたてることは重要であり、また、調査の進捗に伴ってその精度を上げていくことが必要である。

・ヒヤリハットの報告を取りまとめ、将来的にはデータベースを作っていくことが良いと思う。

・処理対象物の大きさや含水率等が処理の制限にならないことはあり得ないので、制限に対して対応可能な技術を採用する必要がある旨の記述とすること。


5 問い合わせ先
  日本環境安全事業株式会社 北九州事業所
ポリ塩化ビフェニル廃棄物処理事業検討委員会事務局
担当:石垣 Tel:03-5765-1930 Fax:03-5765-1940